はじめに
糖度120%へようこそ。

はじめまして、櫻坂(雪奈)美鬼と申します。

2011年1月3日に暇で始めた恋人は専属SP for GREE。

以後、GREEやボルテージのゲームにハマリ
酷い時は課金7万円を経験し
コレではイカンッ!と始めた薄桜鬼DS。

携帯ゲームでは味わえない
ヴォイス付ゲームの素晴しさ
綿密なシナリオとクリア後の充実感にハマッてしまいました。

実生活で微糖の私を
ゲームが甘くしてくれています。

素直に攻略すると9割がたBADENDになってしまいますが
セーブを駆使してGOODEND(1番良いEND)目指して頑張ってます!

攻略はGOODEND(1番良いEND)のみUPします。

だって、糖度120%ですから
甘いモノしかUPできないんで。

またレビューの評価は全て
薄桜鬼の5点満点を基準にします。

私にとって、乙女ゲーム=薄桜鬼なので。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【お願い】

GOODENDのみ攻略方法を記載していますが
あくまでも私が攻略した方法であって、攻略を保障するものではありません。

ゲームによっては攻略順で選択肢が増えたり
別のルートに入ることもあるようです。

ご納得していただける方のみ、閲覧下さい。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

【管理人の他サイトのご案内】

■乙女なゲームの史跡めぐり
乙女なゲームで日本史にハマった、歴史初心者の史跡めぐり。

■乙女ゲームで糖分補給
薄桜鬼のグッズやシュチュエーションCDなど2次元について。

■Twitter
乙女なゲームのことのみつぶやいています。
リフォローは乙女ゲーム好きな方だけとさせていただきますのでご了承ください。
[PR]
# by toudo120 | 2012-08-31 23:17
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ レビュー

逢魔時~怪談ロマンス~(PSP)

≪あらすじ≫

逢魔時――― 暮れ六つ、攫われどき

舞台は、人間世界と妖怪世界の境にある高校。
昼間は人間達が学生生活を送っているが
逢魔時を境に妖怪達の学校に切り替わる。
そのことに、人間は気づいていない……。

主人公は、磯姫の血を引く妖怪。
成績はいいが、強い妖力をもてあましている問題児。
力を発散しなくてはいけないため、悪友と組んで
人のみならず妖怪相手にも悪戯を仕掛けている。

楽しいことが好きで、退屈は嫌い。
妖怪の持つ性質に違和感を持ちながらも、
永遠にも思える、変わらない日常を過ごしていた主人公。

同じ高校に通う相手との恋が、その日常を変えていく――。

≪登場人物≫

式部密(CV:緑川光) 日比谷京極(CV:遊佐浩二) 和泉零次(CV:鳥海浩輔)
遠野篤朗(CV:諏訪部順一)  由良城閨悟(CV:浪川大輔)

レビューはコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-07-19 11:43 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 飛浦萌葱・攻略

飛浦萌葱(CV:吉野裕行)

3年。

天狗の妖怪。

外見は美形だが、性格は最悪。

すべてを知った上で嘲笑い、楽しんでいる。

主人公のことは気に入っているが、遊び道具に近いものがある。

高いところが好きで、鴉を使役。自身も飛ぶことが可能。

人の苦しむ様も余興に出来る、妖怪らしい妖怪なのだが
主人公に対しては思い入れが深くなりすぎてしまった。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-07-19 10:40 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 日比谷京極・攻略
*京極・真相ENDの攻略を追記しました。
(2012-07-19)



日比谷京極(CV:遊佐浩二)

3年。風紀委員長。

真面目なのに、風紀を乱す者へのお仕置きに関しては過激。

堅物すぎ、まったく融通がきかない。

取り締まるために手段を選ばず、問題をかえって大事にすることも。

人間だったが、神隠しにあって、「逢魔時側」の生徒に。

元から霊力が高かった上、死ぬはずだったときに引き込まれたため冥界にも近く
総合成績1位の力の強さ。

しかし、根本的には人なので、よく妖に食われかける。

「おいしそう」らしい。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-07-14 23:02 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 式部密・攻略
*密・真相ENDの攻略を追記しました。
(2012-07-18)



式部密(CV:緑川光)

2年。主人公とは、クラスメイトで悪友。

上位成績者に取り上げられるまではいかないものの
妖力は強く、真面目に試験に臨んでいないだけという節もある。

主人公をタチの悪い悪戯に巻き込みたがり、妖怪としての性分を濃く持つ。

軽く見せているが、呪術の成績だけは校内一であり
本質的に暗く病んでいるところがある。

主人公と一緒になって、日比谷 京極に懐いて(からかって)いる。

死神に関わる不吉な系統だが、磯撫での血も引いているためか
海に関わる妖の主人公には愛着があるらしい。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-07-05 23:32 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 由良城閨悟・攻略

由良城閨悟(CV:浪川大輔)

2年。クラスメイト。保健委員。

山犬の妖怪。

主人公に、秘密の片思い。

……なのだが、かなり分かりやすく、バレバレ。

大家族の三男で、成績は中の上。

妖怪にしては不気味なくらいにいたって普通の男子生徒なのだが
主人公のことが好きすぎて、彼女が絡むと言動がおかしい。

よく世話になるからということで、主人公に勉強を教えてもらっているが
家族にひやかされまくっている。

和泉 零次とは幼馴染で、年上なのにこ馬鹿にされている。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-07-01 21:51 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 遠野篤郎・攻略

遠野篤郎(CV:諏訪部順一)

2年。クラスメイト。人間でいうところの不良生徒で、番長格。

化け物並みに強い(と、化け物である妖怪に言われるほど)。

鬼に関わる者のようだが、詳細は本人にも不明。

弱いものいじめは好まないが
主人公は女といえども対等な相手なので、容赦なくやりあえる。

喧嘩は本気だが、手加減なしでやりあえる相手としては認め合う仲。

奇妙な友情が育ちつつあるが、
喧嘩もやめたくないし照れ臭いとあって、対外的には険悪なまま。

隠れた趣味という共通点があり、たまに二人で人間社会に紛れ込み、遠出することも。

互いに「こいつと仲が良いなんて思われたらマズイ」と思って
いるが、隠し立てをしているが故にバレたらかえって洒落に
ならないことも承知している。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-06-29 21:58 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ 和泉零次・攻略

和泉零次(CV:鳥海浩輔)

1年。弓道部。

実技と筆記では校内1位。全国でもトップ3に入る、天才。

だが、妖力が5位以下でスタミナ面が弱いため、校内の総合成績では2位。

たくらみごとが好きで、人を馬鹿にするのが大好き。馬鹿にされるのは嫌い。

妖狐の血をひき、あぶらあげに目がない。

攻略はコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-06-25 22:46 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】逢魔時~怪談ロマンス~ プレイ開始の感想
金曜日より逢魔時~怪談ロマンス~の攻略を開始していますが
全然、進んでいません。

和泉零次を落としにかかっているんですが
最近、個別ルートに入るまでが進むのに梃子摺ってます。

ヒロインの定期的に力を使い
発散しないと高熱を出す体質のため
喧嘩や悪戯を繰り返すことと
ひねくれた感じが苦手なのですが
評判では糖度が高いとのですし
OPのスチルも甘めなので
個別ルートルートに入ればサクサク進めると思います。

キャストは豪華ですが、絵が苦手で魅力を感じないですし
ここはお高い糖度で補って欲しいと思います。

攻略順は、日比谷京極を最後にすると
京極づくしになるとアドバイスいただので3番目位を予定して
一番最後は、今のところ全然魅力を感じない由良城閨悟。

後の2人はこれからの男前度によって決めたいと思います。
[PR]
# by toudo120 | 2012-06-24 19:49 | ●逢魔時~怪談ロマンス~
【PSP】十三支演義~偃月三国伝~ レビュー

十三支演義~偃月三国伝~/限定版(PSP)

≪あらすじ≫

時は後漢末。
魏、呉、蜀の萌芽さえなく
群雄割拠する時代。
大陸全てを覆う戦いに
一人の少女が飲み込まれる。

出会いは絆となりて
少女の運命を切り開く。

戦い、別れ、そして愛――
少女の行く手に
待ち受けるものは……

≪登場人物≫

劉備(CV:石田彰) 張飛(CV:岡本信彦) 趙雲(CV:鈴村健一)
曹操(CV:鳥海浩輔) 夏候惇(CV:鈴木達央) 張遼(CV:遊佐浩二)

レビューはコチラ>>
[PR]
# by toudo120 | 2012-06-22 22:55 | ●十三支演義~偃月三国伝~